BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

孫崎享

Profile

1943年旧満州国鞍山生まれ。1966年東京大学法学部中退、外務省入省。 在ソビエト連邦大使館、在アメリカ合衆国大使館の参事官とハーバード大学国際問題研究所の研究員、在イラク大使館の参事官、在カナダ大使館の公使等を経てウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使など要職を歴任。 2002年から2009年まで防衛大学校の教授を務めた。 著書に『小説 外務省―尖閣問題の正体』(現代書館)、『日本を疑うニュースの論点』(角川学芸出版)、『独立の思考』(共著。角川学芸出版)、『「対米従属」という宿痾』(共著。飛鳥新社)など。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

迷えばリスクをとれ



長年、外務省の「情報屋」として要職に就かれ活躍されてきた、評論家の孫崎享氏。昨今の国際情勢の変化とそれに対する対応を、各種メディア、そして執筆という場において警鐘を鳴らされています。外務省時代のお話から、夏目漱石の大ファンでもある孫崎さんの読書観、執筆の際に心掛けていること、人生哲学まで伺ってきました。

「ロジックの正しさ」が尊重されない社会の危うさ


――国際情勢が刻一刻と変化する中で、ますます孫崎さんの発言をお見受けする場面が多くなっています。

孫崎享氏

孫崎享氏: 今非常に日本が不安定で、その政策決定過程が、あるべき姿でないような気がしています。それはどうも、太平洋戦争開戦前から、真珠湾攻撃までの過程に似ているのではないかと危惧しています。なぜあのようなおかしな選択をしたのかという問いを、今の日本の政治過程とダブらせながら書いています。

例えば、真珠湾攻撃の直前11月29日。天皇陛下の前で、重臣会議をやった際、若槻・近衛・岡田・広田こういう歴代の首相経験者人たちがこぞって反対しました。今の原発問題を見ますと、これまた首相経験者である小泉・細川・菅・鳩山と反対しているのです。それが、今は完全に無視されている。真珠湾攻撃の際も同じで、「ロジックの正しさ」というものが尊重されてない、そこが非常に似てるんだと思います。

――孫崎さんの分析力はどのようにして培われていったのでしょうか。


孫崎享氏: 外務省にいたことが非常にラッキーだった、と思います。一般企業の場合、上司の言うことが正しくて、部下は上司の指示をきちんと実施するという、メンタリティが作られます。けれど私の場合には、情報が集まる現場担当者であり、必ずしも一般企業のように上位のものが情報を持っているという図式が成り立ちませんでした。

外務省においては、最初から非常にまれな機会を与えられました。そこでしっかり勉強すれば、誰にも負けないものを自分が発信できるということで、私は恵まれていたなと思います。オブザーバーとして、イランに行けばイラン、イラクに行けばイラク。外国人の目の中では、おそらく自分が最前線にいるだろうなという、そういう機会にずっと恵まれてきたんですよ。

私の方が物事をわかる環境にいるということであれば、自分で責任を持って、誰よりも知るための努力はする。努力さえすれば、誰よりも、自分が知ることができる立場にあると、23、4歳で思っていました。

国に貢献したいという気持ち


――入省される事は昔から考えられていたのでしょうか。


孫崎享氏: 実は具体的に外務省に、と思っていた事は全くなかったのです。中国の鞍山で生まれ、現地で終戦を迎えたのは2歳のころでした。それから1年間、大連の島みたいなところにある居留区に、みんな一緒にいました。そこはものすごく密集していて、たくさんの大人の会話が耳に入ってきました。それが非常に大きな刺激となったと思います。その後、私は石川県の小松というところに、帰ってきました。

――大人の会話が自然と聞こえる環境にいたのですね。


孫崎享氏: はい、そのため少し早熟なところがありました。野口英世の本を暗記して、田舎であった宴会や結婚式の時にやってみろと言われ、暗唱したのを覚えています。小学5年生の時に、先生から「お前は5年生の分はわかっているんだから、私の授業は聞かなくていい。これで計算やっとれ」と言って、6年生の教科書をくれたんです。5年生だから、5年生のものをというように、型にはめようという考えの先生ではありませんでした。6年生になると、今度は中学の教科書を持ってきました。「とにかく自分でやりなさい」と言われましたね。そういうこともあって、ただ課題をこなすというような、言われてする仕事はとても嫌なんです(笑)。

――孫崎さんの素地はこの頃に培われていたのですね。東大に進もうと思われたのもこの頃ですか。


孫崎享氏: いえいえ、中学では勉強停滞期に入ります(笑)。相撲やバレーボール、バスケットをやっていて、東大はおろか勉強については特に考えていなくスポーツ一色。そんな感じでした。状況が一変したのは高校生になってからです。

私が通っていた学校は、150人ぐらいの小さな学校でしたが、同期が大体20人、東大に行っていたような学校でした。「やるならトップを目指そう」という感じの学校で、高校に入って初めて、「勉強を頑張らなきゃいけないんだな」と思いましたよ(笑)。外務省を受けようとしたのが、大学2年生の後半からで、3年生の時に受かりました。自分なりの可能性を見ながら、進む道を決めました。

1960年代というのは、まだ国づくりの時代でした。だからみんな、「国づくりにどう貢献しようか」というような気持ちが強かったんです。大学へ入るのも、よい収入を得るためというよりは、国家公務員になって貢献するんだ、という希望があり、みんなそうでしたね。私自身も、当然、国家公務員になると思っていて、その中でも外務省がいいかなということで、外務省の試験を受けました。

著書一覧『 孫崎享
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler