BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

渡辺茂

Profile

1948年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科心理学専攻博士課程修了、文学博士(心理学)。専門は比較認知神経科学。1995年、ハトを訓練してピカソの絵とモネの絵を区別させることに成功し、イグ・ノーベル賞を受賞。 著書に『鳥脳力―小さな頭に秘められた驚異の能力』(化学同人)、『脳科学と心の進化』(共著。岩波書店)、『ヒト型脳とハト型脳』(文春新書)、『ハトがわかればヒトがみえる―比較認知科学への招待』(共立出版)など。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美の起源、動物の美を纏めていきたい



1989年より慶應大学教授を務められ、同大学名誉教授として心理学の研究をされている渡辺さんは、ハトを訓練してピカソの絵とモネの絵を区別させることに成功し、1995年にイグ・ノーベル賞を受賞されました。また、最近では「新学術領域・共感性の進化神経基盤」という新しい研究も始めていらっしゃいます。また、『認知の起源をさぐる』『ヒト型脳とハト型脳』『ハトがわかればヒトがみえる』『鳥脳力』などの著作は、心理学の研究の成果を広く一般の方たちにも伝えられています。今回は渡辺さんに、現在の研究について、また今の道に至った経緯、電子書籍や執筆について、お聞きしました。

ネズミによる、ピカソとルノアールの区別


――昨年ご退職されたそうですが、現在はどのような研究をされているんでしょうか。

渡辺茂氏

渡辺茂氏: 今は、大きく分けると2つ。1つは新学術領域の共感性の進化・神経基盤という新しい研究です。これは共感、つまりシンパシー、エンパシーに関する研究です。僕は主にネズミの共感の研究をやっています。例えば1匹のネズミにちょっとストレスを与えるという実験では、一緒にケージにいる仲間も同じようにストレスを受けている場合と、自分だけストレスを受けている場合を比べると、後者で一番ストレスが強くなるといったことを見つけました。これは要するに、「自分だけが酷い目に遭っていて友達が遊んでいるのは不公平だ」ということです。でも人間に関しては、もう1種類の不公平さというのがありますよね。同じ仕事をして自分だけがたくさん給料を貰って、他はただ同然で働かされているというような、「自分は得をしているけど周りが酷い目に遭っている」という状況です。この状況に対するストレスは、ネズミにはありません。

――相手の気持ちを推し量っての共感ということでしょうか?


渡辺茂氏: そうなんです。共感とはとても色々なものがあります。相手が不幸だと自分も不幸、相手がハッピーだとこっちもハッピーというのがもともとの形ですが、相手の幸せは妬ましい、相手が幸福だと自分はどうも面白くない。それから逆に相手の不幸が楽しいなど、そういった部分が、どうも動物にもありそうだということが分かってきました。ですから相手が幸せか不幸かによって、こっちも幸せになったり、不幸になったりします。

――ネズミのほかに、実験ではどういった動物を使うのでしょうか?


渡辺茂氏: 以前、ハトに絵を見分けさせるという仕事をやっていました。心理学の動物実験には、最初はみんなネズミを使っていました。でも人間はやはり視覚の動物だから、ネズミよりも視覚が優れているハトを使おうということで、僕が学生の頃から割と標準的にハトが使われるようになりました。でも、ここのところにきて「ネズミも結構、目がいいんじゃないか」という話が出てきました。それで最初、視力検査をやりました。その結果、見えるのは人間の10分の1程度ということが判明して、ネズミの目は良くはないのですが、見えないわけじゃないということがわかりました。

――ネズミの視力認知とは?


渡辺茂氏: ネズミに絵を見せるという実験をやってみたんです。最初は、細長い通路でネズミが行ったり来たりできるようにして、通路の両端にiPodを置きました。そのiPodに絵が映しだされますが、例えば右にはピカソの絵、左にはルノアールの絵が出てくるという装置にして、どっちにネズミがいるか、という実験をしました。これは、かなり回数を重ねましたがダメでした。ネズミには好みがないんです。それで今度は、タッチスクリーンがあって、ネズミがピカソの絵が出ている方を触ればミルクが飲めるけれど、ルノアールの時は触ってもだめといった具合に、ハトの実験と同じように区別をさせてみました。それをやると、ネズミもできました。それで段々と絵の数を増やしていって訓練していくと、初見のピカソ、ルノアールでも一応、区別ができました。これはネズミも区別ができるということの証明になりました。今度は、「一体、何が手がかりになっているか」というのを研究しているところです。

動物に囲まれて育った幼少期


――対象を動物に絞って研究をされていますが、昔から動物がお好きだったんでしょうか?


渡辺茂氏: はい。小さいころから動物が好きで、犬猫はもちろん、小鳥やトカゲ、ヘビなど色々な動物を飼っていました。カメレオンのように色が変わる、キノボリトカゲというのを奄美大島まで捕まえに行き、飼っていました。母が割と小鳥などを飼うのが好きだったのもあって、僕がそういった動物を飼うことにはあまり文句を言われませんでした。人と歩調を合わせるのは、幼稚園のお遊戯の時から少し苦手でしたね。みんながしゃがむ時に、1人で立っていたりしたこともありますし、みんなとシンクロして何かをするのは、どうも苦手なんです。それと、図鑑がとても好きでした。特に動物図鑑がとても好きで、結構たくさん持っていました。僕が小学生の頃に、『シートンの動物記』が、ちょうど角川文庫などで次々と翻訳されていて、それが楽しみでずっと読んでいました。だからその頃は動物小説みたいなものが好きで、日本だと戸川幸夫さんの本を随分と読みました。

――将来は、動物に携わるような仕事をしたいと思っていたのでしょうか?


渡辺茂氏: 小、中学生の頃は、そこまではあまり考えていませんでした。その頃、実は絵がうまかったのもあって、画家志望だったんです。でも、中学時代の図画の先生と趣向が合わなくて、僕はいいと思っていても、先生には「全然ダメだ」と言われたりしたこともありました。それまでは、絵が上手だとちやほやされていたのですが、急に嫌になってしまって、描くのをやめてしまいました。だからこういった質問をされると「実は画家になるつもりだったので、研究者は二番目のチョイスだ」という風に答えています(笑)。

渡辺茂氏

――大学の学部はどのようにして決められたのでしょうか?


渡辺茂氏: 僕は高校も慶応の出身なので、エスカレーター式のおかげで、入学試験に苦労することはありませんでした。ですから大きな分かれ目は、高校から学部をどこにしようかというところでした。いわゆる会社勤めといったものはあまり向かないなと自分で思っていました。ずっと動物が好きで、特に動物の行動を観察するのが好きだったんです。それで調べてみたら慶応の心理学専攻でそういうことをやっているということが分かって、それじゃあ心理学専攻に行こうと決めました。大学に入ってからは、割と早くから研究者になろうと思うようになりました。

――大学時代の生活はいかがでしたか?


渡辺茂氏: 楽しかったですね。その頃は、バラックみたいなところで毎日実験をやっていて、実験装置も何もなく、色々なものが手作りでした。今ではコンピューターで出来るところを、当時は人の手でしていたので重労働でもありましたが、それでも楽しかったです。

――大学時代はスキーもやってらっしゃったそうですが、今でも続けてらっしゃいますか?


渡辺茂氏: はい、今でもしています。学生の頃はシーズンに3回ぐらいは行っていたと思います。今は1回か2回くらいでしょうか。あと、居合抜きもしています。集団競技は、やっぱり苦手なんですね。

著書一覧『 渡辺茂
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler