BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

有吉与志恵

Profile

陸上競技のトップアスリートとして活躍した経験を活かし、フィットネスインストラクターとしてアスリート、経営者、タレントなどを含む1万人以上に運動・生活習慣アドバイスを行う。その経験と知識に加え、日本人の文化や生活習慣に合った継続可能な美容・健康維持方法を探究し、有吉与志恵メソッド(コンディショニング=体調改善運動)を開発。 著書に『奇跡の呼吸力:心身がよみがえるトレーニング』(ちくま新書)、『体幹が変わる! コアトレベーシックブック』(GAKKEN SPORTS BOOKS)、『40歳50歳からの若くなる身体』(さくら舎)など。近著に、『ペタ腹呼吸で即やせる!』(ヒットムックダイエットカロリーシリーズ)がある。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンディショニングで、日本を元気にする



自ら陸上競技のトップアスリートとして活躍した経験を生かし、フィットネスインストラクターとしては30年以上のキャリアをもつ、コンディショニングトレーナーの有吉さん。長年の経験と知識に解剖学や運動生理学、東洋医学の考え方を取り入れた継続可能な健康維持方法を探求し、有吉与志恵メソッド(コンディショニング=体調改善運動)を開発しました。有吉さんのもとには一流アスリートや、経営者、タレントなどを含む多くの方が訪れ、その数はのべ10000人以上。会長を務められているNPO法人日本体調改善運動普及協会(NCA)での活動のほか、企業や地方自治体での研修、講習会の講師や、TV、雑誌などへの出演も多数あり、書籍やメディアからも注目されているコンディショニングの、さらなる普及に力を注がれています。今回は有吉さんに、お仕事、執筆、そして日本に対する想いをお聞きしました。

マニアックな本


――現在取り組んでいるお仕事や執筆活動について、近況をお聞かせ下さい。


有吉与志恵氏: コンディショニングに関しては、昨年の11月に4 店舗目のお店がオープンして、今年の1月に初めてのムック本である『ペタ腹呼吸で即やせる!』が出ました。最初は、いわゆる「堅め」の本から書いていたんです。『脚とじダイエット』の前に『コアトレ』という本を一番最初に出して、有り難いことに、重版がかかったんです。私の本はマニアックな所が特徴なのかもしれません。というのも、エクササイズの方法を載せている本は山のようにありますが、私の本のように「筋肉の図解入り」というものはあまりないんです。そういった本は少なく、マニアの方にはすごく受けがよくて、読者の中には「こんなにしっかり書いてある本はない」と言ってくださる人もいたんです。

――主であるコンディショニングトレーナーとしてのお仕事では、どのようなことをされてらっしゃいますか?

有吉与志恵氏

有吉与志恵氏: 店舗でお客様を見ますし、それから学校の講師もしています。指導者を教えるNCA(Nippon Conditioning Association)のコンディショニングの普及活動、あとはアスリートのサポートなどもしています。今、ウイダーという会社のサポートをしているので、高梨沙羅ちゃんと、浅田真央ちゃんという2人のオリンピック選手が、どこまでコンディショニングでやってくれるかなと。あとはドクターと一緒に研究したり、それから、免疫をあげるためのハーブティーの開発をしたりしています。大変なように思われますが、14 冊の本もそうですが、私のやっている活動は、全てコンディショニングという身体を整える手法を広めるということに関係しています。ウエストが細くなりたい女性や腰が痛いおばあちゃん、トップアスリートも、処方は全て同じなのです。

小学校高学年で落合恵子さんの本に出会う


――アスリートである有吉さんが、どのようにして今の執筆活動の道に至ったのか、その歩みをお聞かせ下さい。


有吉与志恵氏: 小さい頃から本を読むのは大好きで、日記を書くのも好きでした。でも、もっと小さい頃は体が弱かったので、外であまり遊べない時に伝記ものなどの本をよく読んでいました。今みたいにインターネットがあるわけでもなかったので、本が友達でしたね。
マンガよりも、ジェンナーや野口英世などの伝記が好きでした。やっぱりその頃から身体のことが面白かったんでしょうね。あと学研の『科学と学習』の大ファンでした。

――どのようなお子さんだったのでしょうか?


有吉与志恵氏: ませていたと思います。小学校高学年で、私は、落合恵子さんの大ファンになったんです。落合恵子さんは女性問題に取り組んでいて、一番初めに読んだのは『そっとさよなら』という作品だったと思います。サガンの第二の性などが出てくるような本を、中学校ぐらいから読み漁っているような子でした。そこからの私の読書歴は作家重視型なんです。落合恵子さんの本は全部読みました。中学校の頃は陸上競技をやるなど、活発になっていったんですが、ずっと本は身近にありました。活字中毒といった感じで、ずっと本を読んでいて、次に凝ったのは五木寛之さん。その後10代の後半から20代までで凝っていたのが森瑤子さん。お葬式にも行きました。森さんは36歳の時に、主婦でありながら、すばる文学賞をとった方なんですよね。そういった作家の方々に対する憧れが、昔から私にはあったように思います。

著書一覧『 有吉与志恵
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler