BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

高橋暁子

Profile

福島県出身、東京学芸大学卒。SNSなどのウェブサービス、スマホや携帯電話などの情報リテラシー教育に詳しく、雑誌やウェブ媒体の記事、書籍などを数多く執筆している。スマホに関して、アプリ活用や未成年の安心安全な使い方について講演しているほか、インタビューなどを受けている。 著書に、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『仕事を成功に導くFacebook活用術』(ソフトバンククリエイティブ)、『電子書籍[kindle/iPad/GoogleEdition]の可能性と課題がよーくわかる本―出版ビジネスは電子化でどう変わるか』(秀和システム)、『ソーシャル・ネットワーキング・サービス 縁の手帖』(翔泳社)などがある。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルメディアには、人生を変える力がある



元小学校教員で、現在はITジャーナリストとして、ソーシャルメディア関連の書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなど、幅広く活躍中。専門分野は、ソーシャルメディア、モバイル、IT教育。著書に『図解 一目でわかるITプラットフォーム』、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』、『ネット業界 儲けのカラクリ』などがある。mixiとの出会いが人生を変えたという高橋暁子さんに、ソーシャルメディアや電子書籍についてお聞きしました。

図書館の本を読み尽くした子ども時代


――近々、新しい本を出されるそうですね。


高橋暁子氏: 来年、ソーシャルメディアの啓発書のようなものを出そうと思っています。よくあるビジネス書ではなく、それを使って人生をより良くしていこうという内容です。個人やビジネスパーソンとしてより良く生きていくための10か条というようなものを考えています。
また共著で、ソーシャルおじさんと呼ばれる徳本さんと本を書いています。徳本さんは、ソーシャルメディアを活用して人生が変わった方で、私はmixiでの出会いが縁で著者になれました。ソーシャルメディアで人生が変わった私たち2人が出会い、ソーシャルメディアを活用することで自分の可能性を広げることができる、というところを主体にして共に本を書きました。

――小さい頃、本はよく読まれていましたか?


高橋暁子氏: 本が大好きでした。図書館の本を全部借り尽くしてしまって、図書館に行っても読んでいない本が見つからなくなってしまったほどです。
母親が本好きで、いつも近くで読んでいたので、自分も自然に読むようになりました。私も本好きに育ったので、知り合いのつてを頼って、母親がどんどん本を借りてきてくれました。図書館を2つ、3つはハシゴし、小学校1年生の時に1人で図書館に行っていた記憶もあるほどです。3歳位で黙読していたとも聞いています。

――どのようなお子さんだったのでしょうか?


高橋暁子氏: 控えめな子でした。大人しくて、小さい頃は「くちなしの花」と言われたくらい大人しかったです。大人になってからは「うるさい」と言われることが多いのですが、子どもの頃は発言や表現ができませんでした。「言わないと誰にも伝わらない」と思い、高校生くらいから徐々に言葉で伝え、表現していくようになったんです。
また、ドフトエフスキーの『白痴』という本で、自分が悩んでいたことの答えを見つけたことがあったんです。時代も国も違うのに、本からヒントをもらったり、救われたりすることがある。本の持つ力をすごく感じたので、そういうものに携われたらいいなという風に思っていました。

――本を書く大きなきっかけの1つになったんですね。


高橋暁子氏: その後、文学にのめり込みました。文学を学べる近くの公立大学を探して、東京学芸大学に入りました。そこは教員養成大学で、人と関わる面白さをとても感じることができました。伝えたいと思って熱意を持って語れば、その熱意が返ってくる。そういう体験をしたことで、もっと人に伝えたいという思いが強くなり、教員になったんです。
でも、小学生には基本的な単語も分からないので、子供を相手に概念を伝えることはとても難しかったです。基本概念を持たない、多くの言葉を持たない子どもたちに伝えたいことを伝えるために、身振り手振りを使って、こちらをとにかく見てもらう。そういうところから始めました。

――言葉で伝えるということにとても気を遣っていらっしゃるので、ご自著もとても分かりやすく書かれていますね。


高橋暁子氏: 子どもたちに伝えることと、難しいことや分からないものを分からない人に伝えることは、今の仕事と非常に近しいものがあると思います。
手段は変わっても自分が良いと思ったことを分かりやすく伝えること、これを知っていたら人生が良く変わると思うことを伝えていきたいという2つのことが、私の仕事のベースにあります。

mixiとの出会いが転身のきっかけ


――ジャーナリストへの道に入られたきっかけは?


高橋暁子氏: 異業種交流会で知り合った方に出版業界を紹介していただき、色々な方に取材する経験を経て、独立に至りました。独立後、初仕事でのメインは取材でしたが、そんな時にmixiに出会って、仕事が一変しました。今までになかった新しい出会いがあり、その中でも、マイミクさんだけで本を出すというプロジェクトが立ち上がったんです。その時ライターをやっていた私に声が掛かったのが、初めてIT系で文章を書くことになったきっかけです。

高橋暁子氏

昔から本は大好きで、著者になることに憧れていたのですが、その機会をくれたのはmixiでした。やりたいことをソーシャルメディアで叶えることができる、出会いたい人に会うことができる。ソーシャルメディアには、「人生を変える力がある」ということをもっと多くの人に伝えていきたいと、その時強く思いました。そうしてソーシャルメディアにのめり込んでいったのです。

ニフティサーブでは、当時、出会い系の募集が多かったんですが、その中で勉強会の参加者を募集している団体があったんです。それが異業種交流会でした。誰か有名な方を呼ぶのではなく、普通の人が順番に講師役となる仕組みでした。「普通の人」でも本当は他の人より詳しいことを持っている何かの専門家であり、他人に教えることで興味を持ってもらえたり勉強になるだろうということや、伝える側も伝えることが勉強になるというコンセプトでしたので、興味を持ったんです。そこで出会った方たちが本当に面白い方ばかりで、10年以上経った今でもお付き合いしています。

――先生からあえて転身する、その原動力はなんだったのでしょうか?


高橋暁子氏: 教育大を出て教員になってしまうと、他にどこにも出ず、先生と言われる立場になる。さらに、付き合うのは子どもだけ、となると、小さなお山の大将、井の中の蛙で、世間が狭いままになってしまう。それではいけないと思ったんです。本当はもっと色々な価値観があるはずなのに、学校という世界は、「こうあるべきだ」というのがすごくハッキリしていて、それ以外の価値観をあまり受け入れられない。また、そこから外れる人たちも受け入れない。その価値観を盲信できれば良かったのですが、相容れないものを感じてしまい、価値観の多様性を受け入れてくれるような場を探したのです。

――実際に著者としてデビューされて変わったことはありますか?


高橋暁子氏: 発信すると返ってくるものが多く、皆さんがすごく悩んでいらっしゃるんだということを感じました。それを解決する方法を模索して形にしていくと、それが助けになる方がいるというのを感じて、ある種、普遍的な悩みというのがあるんだと思いました。
「自分も踏み出してみようと思う」といったメッセージなど、感想をいただいたりすることは多いですね。直接お話に行った時に、「この本を読んでこう感じました」と言っていただいたり、「この本を読んで感動したので、お話ししたかったんです」と言っていただいたり、そういう風に繋がっていくのはうれしいです。

著書一覧『 高橋暁子
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler