BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

内田治

Profile

静岡県生まれ。東京理科大学大学院修士課程修了。現在、東京情報大学総合情報学部環境情報学科准教授、東京農業大学兼任講師。品質管理およびアンケート調査におけるデータ解析の研究とパソコンを活用した統計解析を専門としている。著書に『ビジュアル品質管理の基本』(日本経済新聞出版社)、『すぐわかるEXCELによる統計解析』『すぐわかるEXCELによる回帰分析』『すぐわかるSPSSによるアンケートの調査・集計・解析』(以上、東京図書出版)、『SPSSによる回帰分析』(オーム社)などがあり、最新刊では『主成分分析の基本と活用』(日科技連出版社)が10月25日発売予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本棚が埋まり、汚れていく楽しさが本の醍醐味



東京情報大学総合情報学部環境情報学科准教授であり、東京農業大学でも教鞭を執られている内田治さんは、品質管理及びアンケート調査におけるデータ解析の研究とパソコンを活用した統計解析を専門とする統計のスペシャリストです。『アンケート調査入門』『例解データマイニング入門』『ビジュアル品質管理の基本』『すぐわかるEXCELによる統計解析』など、入門書から専門書まで、数多く執筆されている内田さんに、統計のスペシャリストになるまでの物語や、電子書籍について思うこと、今後の展望などを伺いました。

ギブアンドテイクの関係を大切に


――普段のお仕事について、お聞かせ下さい。

内田治氏

内田治氏: 東京情報大学の環境情報学科と心理教育コースで教鞭を執っております。講義の内容は統計学、それからアンケート調査など、実験計画法なんていうのも教えています。また、共同研究という形で、企業とのお付き合いも多く、企業の方からデータをもらい、そのデータを学生に渡し、卒論で研究してもらっています。企業の方は要求レベルが非常に高いので、最終的には私が確認だけでなく解析をしなければいけなくなりますが、学生にとっては良い勉強になると思っています。

――企業と密接に関わっているから、最後は先生が手を加えるのですね。


内田治氏: 企業に提出するには実務で活用できるように、何か知恵を加えないといけません。卒論ですから無料でデータを頂いて結果を返します。お互いにメリットがあるんですが、「学生がやることだから、こんなもんだろう」というわけにはいかず、企業の方はそれなりのクオリティを要求してきます。大切なデータをただで渡す代わりに分析して下さいという、そんなギブアンドテイクをやっているんです。それ以外には、週に1回、東京情報大学の兄姉校にあたる東京農業大学で統計学と官能検査を教えています。食品の美味しさとかそういうものをデータ化する授業があり、そこで統計が必要になるのです。

放任主義だった父親の後ろ姿を見て育った


――元々は、東京理科大学の大学院の出身ですよね。


内田治氏: そうです。実家が水道屋を営んでいたので、一人っ子の私は実家を継ぐつもりでおり、大学の先生になろうなんて気は全くありませんでした。小学生の頃は勉強が大嫌いだったんですが、中学、高校、大学と進むにつれて、勉強するようになりました。

――教育熱心なご家庭だったんですか?


内田治氏: いえ、まったく熱心ではありませんでした。父親は早稲田大学の建築科を出ていて、当時からすれば、エリート中のエリートだったんです。それでいて「勉強しろ」なんてことは一度も言われたことがありませんでした。しかし、思い出す姿は父親の勉強している姿なので、自然に私も勉強するようになっていたのかもしれません。母親は悪い点を取ってくると「何これ」と言うタイプだったけれど、父親は「勉強なんて本人が自発的にやらなきゃ意味がないんだから、ほっとけ」なんていうタイプでした。そういう意味では、熱心ではないというか、放任主義でした。
東京理科大に入った時に、当時、助手をしていた若い先生と気があい、だいぶ感化されて、勉強するようになりました。そうこうするうちに、「どうせ実家を継ぐなら、もう2年くらい大学院へ行きたいな」なんていう話になり、大学院へ進みました。

次第に勉強が面白くなり、統計の道へ


――統計と出会ったのは、いつでしょうか?


内田治氏: 大学院の時に入ったのが品質管理(QC)を専門とするゼミでした。QCを習得するために統計学が必要となりました。
大学院となると、「分析しました」というだけの論文ではだめですから、統計の理論の方に力点を置いて、こういう新しい統計手法で分析しましたという必要があります。そんなところから統計に入りまして、その後、家業を継ぐという前提で、品質管理のコンサルタント会社に勤めたんです。どうせ実家を継ぐなら色々な会社を見られる方が良いだろうと思ってのことです。

――その後は、どのように統計との関係が深まったのでしょうか?


内田治氏: 色々な大学の先生と一緒に企業を回って、統計の腕を磨きました。その後、コンサルタント会社に6年間いました。その後、家業である建設業の調子が悪くなり、今継いだところで借金を払うために継ぐような状態になってしまうので、父親が私に継がせたくないと言い出しました。私も統計の勉強の方が面白くなっていたので、自分でやろうということで独立しました。その後12年ほど統計解析のコンサルタントをやりました。その後、ご縁のあった大学の先生から、「情報大で新しい学科を作るんだが、どうだ」ということで情報大にお世話になりました。

――研究者と社会人、両方を経験しているわけですね


内田治氏: 両方やっていたのが今では役に立っています。卒論も普通、企業と一体になってはなかなか出来ないのですが、わりとうちのゼミはすんなりできました。それが学生にとってよい勉強になっているのです。

著書一覧『 内田治
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler