BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

村上崇

Profile

1976年生まれ 岡山県出身。国立津山高専電子制御科中退後、テレビ制作会社にてディレクターとして多くの番組を制作。その後、PRコンサルティングファームにて東証一部上場企業、グローバルブランドグループ企業、アイルランド政府、医療・病院、ベンチャー企業などのブランディング及びクロスメディア戦略コンサルティングを手がけた。独立後は、デジタルマーケティングおよびPR戦略を中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立、代表取締役を務める。Webの世界を中心にソーシャルメディア、PR、マーケティング、マネジメント、クラウドなどの最先端を研究している。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
―― 早速ですがBOOKSCANはどういった経緯でご覧になられましたか?

村上崇氏: 初期の頃から知っていました、立ち上げ時から。ネット上ですぐ話題になったので、ここに目を付けたかと。

―― ネット上でもいろいろなご意見を多く見かけます。ところで、皆さんに最近読んだ本お伺いしていますが、村上さんは如何でしょうか。

村上崇氏

村上崇氏: 最近読んだ本ですと、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』ですね。読み易くて非常に良かった。あともう何冊かありますが、ちょっと持ってきます。

ジャンルはやはり経営やITが多いのですが、こんなところですかね、複数同時に読みます。それで、飽きたら次の本、次の本という感じです。滅多に最後まで行くことがないですね。

―― 一般的には本は最後まで読むものという風に思われがちですが、読みたい時の心境や、状況もあると思うので、そういった読まれ方もありなのですね。


村上崇氏: そうですね、たくさんまとめ買いをするのですよ。それで、同時に読み始めて最後まで生き残る本は、いい本だと僕は勝手に思っているのですが、そういう意味でも『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』は、すごく良かったですね。

―― ジャンルはやはり、そういった経営、IT系が主になりますか。


村上崇氏: そうですね。

―― あまり小説は読みませんか。


村上崇氏: 小説はほとんど読まないですけど、スピリチュアル系は好きです。心理系のものだとかは、経営とかマーケティングに通ずるものがあって。

―― 娯楽としての読み物というより、何かしらの情報を与えてくれるような読み物がお好きなのですね。ちなみに幼少期はどうでした。


村上崇氏: ズッコケ三人組でしたね。

―― 私もズッコケ三人組大好きですね


村上崇氏: 僕はクラス8人しかいない田舎の小学校だったのですが、僕が『これが面白い』と言えば8人の間で流行るという、イノベーターのような存在でした。だから、ズッコケ三人組がすごいブームになっていましたね。といっても8人の間だけですけど(笑)あとは、親に最初与えられた4コマ漫画のことわざ辞典があるのですが、子供ながらに、そのことわざを覚えて親や親戚の前で暗唱すると、おりこうさんだと褒めてもらえる、高評価を得るということに気付いて、憎たらしい子供でしたけども、それがすごく好きで読んでいましたね。

―― ちなみにズッコケシリーズの中で、どのシリーズがお好きですか。


村上崇氏: タイトルは覚えていないのですけれども、内容は宇宙に行くとか、山賊に会ってその山賊達と仲良くなるものとか、すごく影響されましたね。

―― いいですよね。私も学級文庫にありまして、私の記憶にあるのはなにか、商売を始める内容だった気が…


村上崇氏: あーそうだ!あったあった。波止場で株式会社を作ってしまうやつ。そうだ、あれもすごく影響されました。那須信吾さん、すごく良かった。

村上崇氏

―― そうですね。ところでご出身は、岡山県は津山でしたか。


村上崇氏: そうです、津山の隣町の、みさき町です。大体合併すると市になるのですけど、4市町村が合併して、まだ町なのです。山間の、森の中ですね。

著書一覧『 村上崇
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler