BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷

世界中の本好きのために

滝井秀典

Profile

日本大学芸術学部卒業。インターネット黎明期より「ネットで売れる言葉」を研究し続けるキーワードマーケティングの第一人者。広告代理店勤務を経て、ペット関連ネット販売サイトを起業。わずか3ヶ月でサイト売上げ業界日本一、年商1億を達成する。著書の「1億稼ぐ検索キーワードの見つけ方」は5万部を突破。インターネットで検索される言葉の需要に注目し、従来のメディアでは効率的集客が図れなかったニッチで高額な商材を、飛躍的かつ自動的に売る仕組みを構築。500社を超える多種多様なビジネスオーナーへの経営指導にあたる。株式会社キーワードマーケティング研究所代表取締役社長。

Book Information

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
―― 本日はよろしくお願いします。取材前にお聞きしましたが、たくさんご利用して頂いているとのこと、ありがとうございます。

滝井秀典氏: BOOKSCANさんのオープン当初から利用しています。真っ先に申し込みました(笑)。プレミアム会員で山ほど(笑)アマゾンから直送しています。

―― お知りになったきっかけは何だったのでしょうか。


滝井秀典氏

滝井秀典氏: ツイッターで…誰かがつぶやいていたのを見てだと思います。

―― そうなんですね。主にどういったジャンルのものを電子化されますか。


滝井秀典氏: いわゆるビジネス書、一部小説ですね。

―― 今までどれくらい電子化されていますか。


滝井秀典氏: 最初にダンボールで5、6箱送ってからは…1000冊以上は間違いなくお願いしていますね。あとはAmazonから直送というサービスができた時も利用しています。

―― 電子化した1000冊の書籍というのは、それまでどのように保管されていたのですか。


滝井秀典氏: 今入ってきていただいた(インタビュー場所である会社の)本棚と、あとオフィスの奥にも同じような本棚にずらっと。

―― 電子化したものは、どのように利用されていますか。


滝井秀典氏: パソコンのローカル環境に入っていて、それをiPadやiPhoneで読んだりしています。

―― iPhoneでも読まれるんですね。


滝井秀典氏: チラ見というか、そんなにしっかりは読まないですが。チューニングのサービスも利用しています。最初は、チューニングを使用せずにiPadで読んでいたのですが、ページめくりがすごく遅くて。あのチューニングサービスは非常に良かったと思いますね。

―― 電子化される書籍の中に一部小説もあるということでしたが、基本的にはどんなものを読まれますか。


滝井秀典氏: コンサルティングをやっているので仕事柄トレンドをずっと追っているのですが、基本的にはビジネス書ですね。小説は昔に読んだお気に入りの物や、推理物とかサスペンス系ですね。最近だと『ミレニアム』のような長編小説とか、あと橘玲さんの『マネーロンダリング』ですね。

―― どういったシーンで読まれるのですか。特別に読書の時間を設けていますか。それとも隙間のお時間でしょうか。


滝井秀典氏: 基本は隙間時間ですね。以前は電車通勤していたので電車の中で読んでいましたが、今は電車通勤をしなくなったので、そんなに読む機会がなくなってしまいました。iPhoneでチラ見はします。小説を読む時は、iPadが飛行機の中では非常に活躍します。暗い中、発光体で見えるので。普通の本だと上から電気照らさないといけないのですが、照明にあわせるのが大変で、iPadのような発光体が非常に便利でして(笑)。海外旅行の長時間フライトには非常に活躍します。

―― 海外旅行の時だとか、普段のご出張に電子書籍が出てきて良かったなと感じるシーンが多いわけですね。


滝井秀典氏: それは間違いなくありますね。昔だったら5冊とか必ず持っていたので。

―― 今どれくらい本読まれていますか。


滝井秀典氏: 月に3~5冊ですね。

―― 1冊1冊を精読するスタイルですか、それとも同時読みをされますか。


滝井秀典氏

滝井秀典氏: 基本的には仕事で読むので効率重視で拾い読みが多いですね。1冊を最初から最後まで読むことのほうが稀です。自分の仕事やクライアントの助けになることが書いてないかなという視点で拾い読みするスタイルです。

著書一覧『 滝井秀典
著者インタビュー一覧へ戻る 著者インタビューのリクエストはこちらから
Prev Next
ページトップに戻る
Code Profiler